従来の設備点検との比較 | 科学的で、コストパフォーマンスに優れた設備管理システム

ReCI レックアイ
  • トップページ
  • KKSの目指すもの
  • 故障予兆検知の仕組みについて
  • 従来との比較
  • 導入事例
  • 導入までの流れ
  • 価格
  • お問い合せ
トップページ > 従来の設備点検との比較

従来の設備点検との比較

従来の設備点検との比較

  従来方法 KKSの方法
設備点検方法 技術員による現場での目視点検
(経験によるところが大きい)
24時間稼働監視データからの分析・故障判定
(形式知化されます)
不調・故障判定時 故障信号受信時(既に故障している)
または、現地での点検者の気づき
突然の故障を除けば、故障に至る前の不調・異常発生時に数値的に検知
修繕計画の立案 使い方によらず、メーカー等の推奨交換時期を参考に立案(予防保全) 管理対象設備・装置毎の使われ方、経年の様子も加味して、管理者の知見を反映して立案
留意点等 経験豊富な点検員の減少に対する対応。新しい商品の学習・対応 クラウドに稼動監視システム設定、監視対象設備に稼動信号引出のための工作が必要
  • マンション管理業務関係の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • 設備管理業務関係の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • 公共施設・官公庁の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • KKSが選ばれる理由
  • マンション管理業務関係の方はこちらから
  • 設備管理業務関係の方はこちらから
  • 公共施設・官公庁の方はこちらから
  • レックアイ会社サイトTOP
  • 会社概要
  • レックアイの不動産システム
  • 個人情報保護方針
このページの先頭へ
  • KKSトップページ
  • KKSの目指すもの
  • 故障予兆検知の仕組みについて
  • 従来との比較
  • 導入事例
  • 導入までの流れ
  • 価格
  • お問い合せ