KKSの目指すもの | 科学的で、コストパフォーマンスに優れた設備管理システム

ReCI レックアイ
  • トップページ
  • KKSの目指すもの
  • 故障予兆検知の仕組みについて
  • 従来との比較
  • 導入事例
  • 導入までの流れ
  • 価格
  • お問い合せ
トップページ > KKSの目指すもの

KKSの目指すもの

KKSの目指すもの

信頼性と経済性を両立する維持管理計画の策定
  1. 24時間365日リアルタイムに設備監視を行うことで信頼性を高め、かつ現地訪問回数の削減、緊急対応による追加コスト発生の抑制
  2. 少人数で多くの設備の遠隔監視を行うことで、コスト最適化が図れる
  3. 蓄積した稼働データから設備の特性(時間、場所、用途、メーカー等)が分かり、メーカー推奨の一般的交換でなく、信頼度データにもとづいたメンテ計画立案をサポート
不調内容と対応指針の提示
  1. 状態の「変化」から不調の検知し、部品・原因の特定、関係者への通知および対応指針の提示を行う
  2. 対応指針に基づく対応実施の記録およびその共有を行う
  3. 対応記録の社内共有により継続的な人材育成、技術の横展開が可能
リアルタイムな稼働状況の見える化
  1. 特殊なセンサーでなく、汎用的なセンサーを採用
  2. センサーからインターネット経由で稼働信号(ON/OFF)を送信し、その入力情報からリアルタイムに設備の稼働状態を表示
  3. 蓄積された稼働データを独自の分析ロジックにより状態の変化を捉える
  4. 蓄積された稼働データより経年の変化が分かり、劣化の状況が分かる
  • マンション管理業務関係の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • 設備管理業務関係の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • 公共施設・官公庁の方はこちらから/お問い合せや無料デモ、資料請求はこちらから
  • KKSが選ばれる理由
  • マンション管理業務関係の方はこちらから
  • 設備管理業務関係の方はこちらから
  • 公共施設・官公庁の方はこちらから
  • レックアイ会社サイトTOP
  • 会社概要
  • レックアイの不動産システム
  • 個人情報保護方針
このページの先頭へ
  • KKSトップページ
  • KKSの目指すもの
  • 故障予兆検知の仕組みについて
  • 従来との比較
  • 導入事例
  • 導入までの流れ
  • 価格
  • お問い合せ